Site Loading

似ているけど違う?!ファッションとアパレル


ファッションってどんな意味?

ファッションの語源は英語のfashionです。洋服だけでなくヘアメイクやメイク、小物などを含めた身に着けるもの全体が醸し出す雰囲気全体を意味します。ファッションセンスが良いというのは、アクセサリーを含めた全体のコーディネートが良いという意味で使われているのです。ですから今年流行りのブラウスやワンピースといった特定の洋服だけをさしてファッションという言葉は使いません。流行りのブラウスやワンピースを使って、みんながマネしたくなるようなスタイルを表現したり、コーディネートにより統一感や華やかさ、個性といったニュアンスを表現することをファッションと言うのです。どちらかというとクリエイティブな意味合いを持っているのがファッションという言葉なのです。

アパレルってどんな意味?

洋服に関連する言葉でアパレルという言葉があります。アパレルは、生産という意味が強く含まれています。語源はフランス語のappreillerです。この言葉は、衣服を着せるという意味を持っています。アメリカで大量生産にて作られた洋服のことをアパレルと呼ぶようになったことから、アパレルは既製品の服を意味するようになりました。ファッションは洋服、小物を含んだ全体像を意味するのに対して、アパレルはあくまでTシャツやブラウスといった衣類単品を意味します。アパレルは実用的、商業的な意味を強く持っています。アパレル業界は、洋服を売ることでいかに利益を出すかを中心に考えているのです。洋服を売るためにどうやって流行を作っていくか、どのような服が一般うけするのかをメインに洋服作りが行われています。アパレルは、ファッションとは違い、ビジネス的要素を強く持っているのです。

電子タバコ・vapeはアメリカでも人気を集めています。vapeのアメリカ製は高品質で安心・安全なものが多く、機能性の高さやフレーバーの豊富さからも非常に高い人気を誇っています。

Close