Site Loading

どうして時計を身につけるのか?状況に応じた時計の選択について


日常生活における時計

遊びや買い物などの日常生活において、時計はただ時間がわかる道具であれば良く、機能やブランドにこだわる必要はありません。したがって、身につけるのは安い時計で充分です。

安い時計は、「時間が狂いやすい」、「電池交換ができないので使用期間は1年程度」、「本体やベルトが壊れやすい」などの問題はありますが、コストパフォーマンスは抜群です。腕時計の方が時間をすぐに確認できて便利ですが、それほど頻繁に時間を気にする必要がない場合は、スマホの時計でも充分かもしれませんね。

ビジネスにおける時計

多くの仕事には時間の制約があるため、時計には正確性が求められます。そのため、月に15秒以内の差でおさまる程度の性能をもち、通常の使用では壊れにくく、1年以上は電池が持つようなメーカー保証がある時計が望ましいでしょう。

また人と会う仕事では、ファッション性も求められます。そうなると高級ブランドの時計が適していますが、価格が高くなるのが欠点です。ただ、高級ブランドの時計を身に着けていると、優越感を感じ自信をもって人と会うことが出来ます。金銭に余裕があり気に入ったブランドがあれば、一本持っていると良いと思います。

スポーツやアウトドアにおける時計

スポーツやアウトドアで使用する時計には、タイムを測定したり暗い中でも時間がわかる機能性や、激しい運動や水中でも壊れない堅牢性が求められます。以前は大型で武骨なものが主流でしたが、最近は洗練されたデザインのものが多く発売されています。日常生活のみならず、ビジネスで使用しても遜色のないものもあるので、趣味でスポーツやアウトドアを行っている人は持っていたいですね。

ブライトリングは時計ではなく航空用計器という理念を持つスイスの腕時計メーカーで、イギリス空軍やイタリア空軍から大量のコクピットクロックを受注しています。

Close