Site Loading

ヒートアイランド対策に注目の壁面緑化って一体なに?


環境に優しい壁面緑化とは

地球温暖化により建物内に熱がこもるヒートアイランド現象の緩和に役立っているものに壁面緑化があります。壁面緑化とは建物の壁を緑で覆うことを言います。壁面緑化を施すことで得られるメリットはたくさんあります。

一番のメリットといえば、断熱保温効果です。緑化には表面温度を下げる効果があり、壁面を緑で覆うことで、夏の暑い日には日差しを遮り、建物の表面温度を約4度下げてくれます。逆に冬になると保温効果を発揮するので、建物内は少エネルギーで快適な環境を保つことができるのです。また壁面の植物が光合成をおこなうことで、空気を浄化し環境汚染防止に役立ってくれます。他にも照り返しを緩和したり、酸性雨や紫外線による建物の劣化を防いだりといったメリットがあります。ただ壁に植物を這わせるだけでなく、配置する場所や植物の種類、景観を大切にしながら壁面を緑化することで演出効果を高めたり、インテリアの一部として取り入れる人もいます。

どんな植物を使って壁面を緑化するの?

壁面緑化の方法は、植物を上から垂らして這わせるやり方、下から上へ伸びる植物を植えることで壁を覆うやり方、メッシュにプランターをひっかけたり、プランターを積み重ね壁面状にするやり方、苔を壁面に繁殖させる方法などさまざまです。壁面緑化に使う植物もいろいろあるのですが、やり方に適した植物を選ぶ必要性があります。よく使用されている植物は、ツル性の植物でヘデラ・ヘリックスやビグノニア、トケイソウなどです。壁面緑化をおこなう場合は、壁面のデザイン、使用する植物、建物への日照量、植物の耐陰性や耐寒性、メンテナンス、コストといった点について業者とよく相談するとよいでしょう。

壁面緑化に使う植物としてはゴーヤが人気です。暑さや害虫に強いために初心者でも扱いやすく、実の収穫が可能なことから料理にも使えます。

Close