Site Loading

初めて購入する方は注目!機械式時計選びの3つのポイント!


機械式腕時計の心臓部「ムーブメント」で選ぼう!

機械式時計は職人が作り上げる、ゼンマイ仕掛けの「ムーブメント」と呼ばれる部分が、人間でいう心臓のような重要な場所です。機械式のムーブメントは「自動巻き」と「手巻き」があるため、購入する際にはどちらが好きか考えてみましょう。「自動巻き」はムーブメントの中にローターが内蔵していて、腕を動かすとローターが回転してゼンマイが巻かれます。腕時計を着けて普通に生活を送っていれば自然と手が動き、ゼンマイが巻かれるため自動巻きと呼ばれています。腕から外して保管していると、ゼンマイが巻かれないため動かなくなります。

「手巻き」はゼンマイを手動で巻くタイプです。竜頭と呼ばれるつまみが腕時計に付いているため、この部分を回してゼンマイを回します。このタイプの腕時計の持ち主は、腕時計を装着する時に、家の時計やパソコンの時計と腕時計の時間を合わせて、竜頭を巻くのが習慣になります。手がかかると言えばそれまでですが、毎日のようにゼンマイを回して動かすことが愛好者にとっては幸せに感じます。

腕時計が作られた目的で選ぼう!

次に時計の種類に注目してみましょう。腕時計には作られる目的があり、目的ごとに作りが違うため、見た目の印象も大きく違います。まずシンプルな腕時計は「三針ウォッチ」と呼ばれています。三つの針と文字盤だけで作られたシンプルな腕時計です。三針ウォッチを宝石で飾り付けたのが「ジュエリーウォッチ」です。

機能性を重視したタイプの時計として「ダイバーズウォッチ」があります。ダイバーのために作られた水深100mでも使える防水性を持つ、頑丈な腕時計です。また「ミリタリーウォッチ」は軍隊のために作られた腕時計で、耐久性、耐水性、耐磁性などが高く性格で頑丈です。「パイロットウォッチ」は飛行機乗りのために作られた時計です。正確性が高く、視認性にも優れています。これらの腕時計の高い機能は日常生活を送る上で必要ない機能ですが、スーパーカーを狭い日本で所有するように、ハイスペックな腕時計を持つロマンが満たされます。

見た目の印象を大きく変える!「ベルト」で選ぼう!

最後に「ベルト」の違いも、時計選びのポイントになります。まず落ち着いた雰囲気の「革ベルト」は三針時計やジュエリーウォッチと相性がいいです。ステンレスでできた「ステンレスベルト」は機械式時計のベルトとして定番です。「チタンベルト」は頑丈なのに軽いため、機能性の高い腕時計との相性がいいでしょう。機械式腕時計はベルトによって相手に与える印象が大きく変わります。自分が身に付けたい腕時計のベルトをイメージすると、自分好みの腕時計を絞り込みやすいかもしれません。

オーデマピゲは140年もの歴史のあるスイスの高級時計です。世界三大メーカーの一つに数えられています。こだわりのサイズ感、独創的なデザインに加えて複雑かつ正確な機能性を兼ね備えた腕時計です。

Close