Site Loading

喫煙の新スタイル?電子タバコの使い方を把握しよう!


電子タバコは風味が多彩なのが魅力

電子タバコは扱い方が紙巻きタバコに似ていますが、風味が非常に多彩なのが大きな特徴です。紙巻きタバコでも広く用いられているメンソールの他、フルーツやバニラ、チョコレートなど様々な風味の製品が市販されています。口当たりがまろやかなので紙巻きタバコを吸う習慣が無い人でも楽しめるのが魅力です。

無駄にならない作りなので経済的

電子タバコの多くは専用のカートリッジを電熱器に差し込み、封入されているリキッドから生じる蒸気を吸引する仕組みです。従来の紙巻きタバコは空気に触れると劣化して風味が落ちる欠点がありますが、電子タバコのカートリッジは内部のリキッドが空気に触れることはありません。そのため、使いかけで長く置いても風味が損なわれないのが特徴です。また、使用中で別の風味のカートリッジに交換することもできるので、複数の風味を交互に味わう楽しみ方もできます。封入されているリキッドを最後の一滴まで吸引できるのも経済的に使用できる理由のひとつです。

火を使わないので火災の心配が無い

電子タバコが広く普及した理由の中でも大きな要素は火を使わないことです。紙巻きタバコは火を点けてタバコの葉を燃やし、その際に発生した煙を吸引します。しかし燃えている葉が剥き出しの状態なので火傷や火災などの重大なトラブルが生じるリスクが大きいことが問題視されていました。その点、電子タバコは電熱器を作動させてリキッドを加熱する仕組みなので火を使う必要がありません。紙巻きタバコと比べると非常に安全なことから広く普及するに至ったのです。

ニコチンリキッドは、国内では販売が禁止されています。入手するには海外の通販サイトなどで個人輸入しなくてはなりません。

Close